RSS | ATOM | SEARCH
★★闘病中の犬たちへご寄付のお願い★★
誠に勝手なお願いですが・・・
現在闘病中の子たちに医療費のご協力
お願い出来ればと思います



ブレンダ(♀・黒ラブ・推定13歳/茨城センターからの引出し)
 → 現在の病気:血管肉腫(悪性のガン、脾臓摘出済み。乳腺腫瘍も摘出。)
         股関節形成不全(現状、歩行困難)


クロエ(♂・シーズー・推定7歳/茨城センターからの引き出し)
 → 現在の病気:中等度の僧帽弁閉鎖不全症(慢性の心疾患、終生投薬が必要)


トップ(♂・シーズー・推定6歳/茨城センターからの引き出し)
 → 現在の病気:緑内障(重度の眼疾患。両目失明)


ジュリ(♀・シーズー・推定8歳/茨城センターからの引き出し)
 → 現在の病気:皮脂腺癌(悪性度は低いが再発/多発性のガン)
         軽度の僧帽弁閉鎖不全症(将来的に投薬が必要)
         角膜突出(左目は失明)


      ●●お振込先●●
 金融機関 : 三菱東京UFJ 玉川支店
 口座番号 : 普通 0073745
 口座名義 : パウパツズ


※ご送金頂きましたら、お手数ですが、「お問い合わせ」もしくは、
下記アドレスまでご一報をお願い致します。
info@pawpads.sub.jp

勿論、クロエ・トップ・ジュリは、里親様も募集しております。
ブレンダは、移動自体困難なため、保護スタッフ宅で見守って行きます。

棄てられたり放棄されたりする理由から想像していけば、
想定内の現状であり・・・
「ボランティアでしょ?」「好きでやっているんだよね?」と
言われればそれまでですが・・・
出来る限りはと思い、シニアやハンデのある子も保健所から
引き出してきたので、このところ体調の悪い保護犬が増えています。

私たちにどれだけ愛情があっても、病気は見抜けませんし治せません。
そして、里親を申し出てくださった方にも保護犬猫に対しても
”保護犬猫なので病気はよく分らないけど大目に見てほしい”
という考えは不誠実だと思っていますので、
ワクチン・避妊/去勢手術を含め全ての医療行為を
臨床のしっかりした獣医さんたちにお願いし、一般の飼い主さんが
いる犬たちと同じ水準の医療を受け、把握とケアに努めています。
当会の考えをご理解下さる獣医さんたちのご厚意により
医療費も一部取り計らって頂いていますが、
ガンや慢性・難治性の疾患に必要な手術代・終生の投薬代は、
高額なものになっています。
勿論、保護した責任は自分たちにありますので、保護スタッフも
自己負担をしていきますが、皆様にもご支援・ご協力を頂ければ幸いです
author:pawpads, category:ご協力依頼, 17:51
comments(0), -, - -
Comment